包茎の種類、手術の必要性について

包茎の種類、手術の必要性について

自分は包茎で、恥ずかしいと思っている方も多いと思いますが、日本人男性の約7割が、包茎であるとされています。
包茎とは、鬼頭が包皮に覆われている状態で、勃起の際や、自らの手などによって剥くことが出来たり、または剥けないなど、その包茎の程度によって、大きく3種類に分けることが出来ます。
包茎が、健康に影響することも出てきますので、自分の包茎について、しっかりと理解をする必要があります。
日本人の約7割の方が包茎とされていますが、その中でも更に、約7割を占めるとのデータが出ているのが、「仮性包茎」。通常は、鬼頭を包皮が覆っていますが、勃起によって自然に剥けたり、手で下げたりすると剥ける状態です。セックスなどにも支障なく、ほぼ問題視する必要性はありません。ただし、衛星的に考えると、鬼頭が包皮に覆われている時間が長いので、鬼頭の下辺りに、恥垢と呼ばれる、尿の残りや、分泌物等か溜まりやすいので、入浴時などに良く洗うことが必要です。
手術については、男性としての「見た目」だけの問題になります。
次に多いのが、「カントン性包茎」。勃起時などに、包皮を手で下げて剥くことは出来ますが、包皮の入り口が狭く、鬼頭下部周辺が締め付けられたような違和があったり、元に戻りづらい状態になります。セックスにも支障が出てきます。剥けないことはありませんので、この場合も入浴時などに、恥垢をこまめに洗い流すことを心掛けなければなりません。
最も深刻なのが、包皮の入り口が狭いが為に、手で下げようとしても、全く剥けない状態の「真性包茎」です。包茎を剥くことが出来ないことで、鬼頭と包皮の間に常に恥垢が溜まっている状況ですので、健康に影響が出てくる可能性があります。雑菌の繁殖で臭いなどの問題もあります。
この「カントン性包茎」と「真性包茎」については、手術を選択する必要性が出てきますので、現在お悩みの場合は、早めにクリニック等への受診をお勧めします。