多くの日本人男性が悩む包茎について

多くの日本人男性が悩む包茎について

銭湯などに行って子供が全裸で遊んでいる姿を見ると、ほとんどの子供は亀頭が露出されずに包皮におおわれていると思います。だからと言って、彼らが包茎というわけではありません。そもそも幼児期には亀頭と包皮はくっついておりむこうと思ってもむけない物なのです。それが児童期になり第2次成長期になるとくっついていたものが剥がれははじめ、亀頭が露出してくるもので、それ以降にも先っちょの皮が狭かったり、包皮と亀頭のくっつきが取れないなどで、勃起していない日常において亀頭が包皮におおわれている状態を包茎といいます。男性器は第2次成長期以降は発達しないため、この時点で包茎の場合には、それ以降の変化は期待できずに、場合によっては手術をしないといけない状態になります。その状態はと言うと、包茎には3種類あり、仮性包茎・カントン包茎・真性包茎に分けられます。勃起した時にスムーズに亀頭が全部露出されるのを仮性包茎といい、勃起した時に皮の先端が狭くて亀頭を露出する時に痛みを伴ったり、亀頭を露出したとしても締め付けらえて痛みがある物をカントン包茎、真性包茎は通常時も勃起時も亀頭がまったく露出しない物を言います。最も危険であると言われているものはカントン包茎で、勃起して亀頭が露出しても締め付けがひどく、いわゆる血が止まってしまう状態になり壊死することもありえます。真性包茎も、常に皮におおわれているため垢が溜まりやすいし、何よりもエッチする時に快感が得られにくい状態になるため、カントン包茎・真性包茎の方は手術を勧められることが多いです。