包茎の3つ種類とその症状について

包茎の3つ種類とその症状について

包茎とは男性の性器に起こる症状のことであり、亀頭が包皮に包まれている状態のことを言います。子供のころはこの状態なのですが、大人になるにつれて亀頭が包皮から自然に露出してきます。しかし何等かの理由によって亀頭が完全に露出しないと包茎になるのです。
包茎の症状は3つに分類することができます。日本人に多い症状が仮性方形です。これは平常時には亀頭が包皮に包まれていますが、勃起時にはスムーズに露出させることができます。このような軽度から勃起しても亀頭がすべて露出できないタイプまで重症度合いは異なっています。そしてカントン包茎も通常時は亀頭が包皮に隠れています。無理に露出させてしまうと包皮口が狭いため、亀頭の下の部分を締め付けてしまうことがあります。締め付けてしまうと痛みや、また症状がひどくなると壊死してしまうこともあるのでそのような場合にはすぐに治療が必要になります。そして最後は真性包茎です。これは通常時も勃起時も亀頭が包皮に包まれており、3つの中でも最も重い症状です。恥垢などの汚れがたまりやすいため、においや炎症を起こしやすくなります。この症状の場合には手術する以外改善できないため早めの診察が必要になります。
このように包茎になってしまうとコンプレックスを抱えてしまうだけでなく、汚れがたまり細菌も繁殖しやすくなります。においが出たり病気になってしまうこともあり、自分だけでなくパートナーにも病気を移してしまう恐れもあるため治療が必要となるのです。